下手英メールマガジン

下手な英語もこうすりゃ使えるのサイト、このメールマガジンを発行する為に誕生したようなものです。

自分自身が海外生活で体験した事が、「英語が使えるようになりたい!」と思っている方々の少しでも参考になればと、2002年にメールマガジンを創刊することを決めました。元々、文章を書くことが好きでしたし。当時、メールマガジンの発行には、発行者のWebサイトのようなものがあった方が良いということで、このサイトも誕生しました。(というか、そう記憶してます。いやはや、ひと昔前のことなので、若干、記憶があやふやですが…。汗;)

当時、たくさんの読者のみなさんにメールマガジンを購読していただいたこと、そして、感想等をお寄せいただいたこと、今でも感謝しています。読者の皆さんお一人おひとりに、感謝の気持ちをお伝えすることは出来ませんでしたが、読者の皆さんには、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

その後、諸事情により発行が途絶えてしまいましたが、それでも応援し続けて下さった皆さんのお蔭で、サイトを再び復活させる元気も勇気も持つことが出来ました。ありがとうございます!
ここでご紹介しているバックナンバーの内容が、皆さんの「英語が使える様になりたい!」という目標の実現に、少しでもお役に立てば幸いです。

     
       2004年11月11日発行  -第31号-
**************************************************
      下手名英子(へたなえいこ)の
      下手な英語もこうすりゃ使える!
**************************************************


☆はじめに☆ 

みなさん、こんにちは。下手名英子です。

英子の暮らすクライストチャーチ市があるカンタベリー地方では、
現在、年に一度のお祭り「Showtime Canterbury」が開催されてい
ます。(11月4日~11月13日)

ちなみに、明日は、カンタベリー地方の記念日(Show Day)でお休
みです。
(ニュージーランドには、地方別の記念日が年に一度あり、その日
はその地域のみお休みになります。)

このShow Dayのお休みには、「Showtime Canterbury」の一環とし
て行われるイベント「A&P Show」に毎年取材に行っている
ので、今年も出掛けてみようと思っています。
ただ、天気予報では、雨とのことなのですが…。

はずれることの多い天気予報。明日は、真夏の青空が広がってくれ
ることを願っています。


英子



========================================================
新潟県中越地震災害義援金とボランティアに関心のある方へ

サーチエンジンを使って”新潟”、”地震”、”募金”といった
キーワードで検索をすると、情報を得ることが出来ます。
詳細は、実際に義援金の受付を行っている団体又は、信頼の置ける
報道機関のサイトで確認して下さい。

義援金受付団体例:
    新潟県 災害対策本部
    日本赤十字社 新潟県支部

サーチエンジン例:
http://www.google.co.jp
========================================================



★今回のお題は…★

「英子のあ~勘違いパート1」

~チップスは嫌いじゃないけど、でも…~


先日、友人カレンと、Lytteltonという小さな港町のガイド付き
Heritage walkに参加しました。
その後、フィッシュ&チップス(ニュージーランド名物?の一つ、
衣たっぷりの魚のフライとフライドポテトという、ヘルシーとは決
して言えない食事)を食べようということになり…。

久々に思い出してしまったんです。
約10年前、バックパッカーとしてニュージーランド中を旅した時
に、クイーンズタウン(南島の湖のほとりにある有名な観光地)に
立ち寄った際のことを。


宿泊したバックパッカーズで、今夜は何を食べようかなぁと考えて
いました。
確か、到着したのは夕方で、各町で食材を使い切るように料理をし
ていたので、町を移動する時には、調味料やパン以外の食材は持っ
ておらず、その時も、スーパーで買い物をしようか、外食かテイク
アウェイ(テイクアウト)にしようか、考えていたんだと思いま
す。

そして、既に夕方だったし、とりあえずその夜はテイクアウェイに
しようと決めたんだと思います。


バックパッカーズには、ニュージーランドは勿論、世界中の旅行者
が集まります。
同じ部屋に寝泊りしたり、キッチンも共同なので、一人旅をしてい
ても、自然と他の旅行者の人たちと会話をするようになります。

誰かに先に薦められたのか、自分でフィッシュ&チップスを食べた
い気分になったのかは覚えていないのですが、「クイーンズタウン
の街でフィッシュ&チップスを買うなら絶対この店に行くべきだ」
というお店を、他の旅行者から教えてもらいました。(残念なが
ら、そのお店の名前は覚えていません。)


そして、アドバイスされたんです。
そのお店でフィッシュ&チップスを買うなら、

「You should try their "wedges". Their "wedges" are so
famous and so good.」

みたいなことを言われ、絶対に「Wedges」を食べてみるべきだって
何度も、何度も念を押されました。
とにかく、すごくおすすめだって。

そのアドバイスを受けて、お店の名前と場所も聞いて、泊まってい
たバックパッカーズから街の中心部へと張り切って出かけた10年前
の私です。


無事にお店も見つけ、カウンターで私がオーダーする順番がやって
きました。

勿論、私はアドバイスされた通り、

「Wedge and Chips, please」

と、自信を持って笑顔でオーダーしました。
きっと、「Wedge」って、この辺で有名な魚なんだろうなぁ~って
思ったんです。(思い込みとは恐いものです。)


フィッシュ&チップスは、そのまま「Fish & Chips」とオーダーす
ることも出来ますが、魚の種類を選べたりもします。
通常、どこのお店のメニューにも、そのお店で扱っている魚の名前
がいろいろと並んでいます。
特別に魚の名前を言わずに「Fish & Chips」と言うと、そのお店で
決まっている一般的な魚(通常安い価格の魚)になるみたいです。


カウンターの向こうにいたお兄さんは、少し怪訝な顔をして、

「Wedges and chips?」

と聞き返してきました。
だから私は、

「Yes, I heard your wedges are so good and I think I should
try them.」

みたいなことを言って、「wedges」はすごいおすすめって聞いたか
ら、絶対食べてみたいのよ~~~みたいなことを笑顔で伝えまし
た。
それでもお兄さんは、更に怪訝な顔をして、

「How about fish?」

みたいに、魚を勧めてきたように記憶しています。
でも、その時の私の頭の中には、「Wedge and Chips」しかなかっ
たんです。。。
クイーンズタウン名物の魚とチップス(フライドポテト)が、私の
頭の中には絵になって浮かんでいました。

再度、

「I wan to try wedge and chips」

みたいなことを繰り返し、自信を持って「wedge」と「chips」を
主張し続けたんです。
そうしたら、お兄さんも笑いながら、諦めてくれたみたいで…。

無事、私のオーダーは通りました。


~~~待つことしばし~~~


フィッシュ&チップスを買うと、新聞紙の半分の大きさぐらいの紙
を数枚重ねて、揚げ上がった魚とフライドポテトをバサッとその上
に乗せ、塩をパッパッパッと振りかけて、レモン付きの場合はレモ
ンを置いて、包装紙で品物を包む要領で、大雑把に包んでくれま
す。


この包む場面は、待っている人たちから見える場所で行われる場合
と、お店の奥で行われる場合がありますが、とにかく、カウンター
で受け取る時の姿は、何をオーダーしても、すべて同じに見えま
す。

私は何の不信感も持たず、出来上がった「wedge and chips」をカ
ウンター越しに受け取り、お店を後にしました。


私のオーダーを受け付けてくれたお兄さんと私の間に、微妙な??
?の空気が流れていたことも全く気にせず、揚げたての「wedge
and chips」から伝わってくる温かさを感じながら、しっかりと包
みを手に持って、宿泊先のバックパッカーズへと戻った私です。

バックパッカーズへ戻ったら、冷めない内にと、そのままキッチン
へ直行。
お皿とフォークを用意し、いざ、包みを開けてみると~~~。


勘の良い方、又は、「wedges」が何かを知っている方は、もう、お
分かりですね。

そうなんです。
私の目の前にあったのは、ポテトとポテトなんです。。。


ニュージーランドでフィッシュ&チップスをオーダーすると、初め
ての方は、誰もがその量に驚きます。
フライドポテトの量は、半端じゃありません。
このダブルポテトの量は、それに輪をかけて、半端じゃありません
でした。

キッチンにいる他の旅行者たちに気づかれないように、こそこそ
と、ポテト&ポテトを食べた私です。(全部は食べ切れませんでし
た。しかも、ポテトばっかりですし・・・)


途中、笑いと涙が込み上げてきて、もう、自分に呆れるやら、恥ず
かしいやら。
お店のお兄さんの表情の意味がすべて理解出来た瞬間でした。


と、フィッシュ&チップスを食べながらこの思い出話をしたら、カ
レンも笑い飛ばしてくれました。
そりゃ、傑作だと。


10年経った今思い出してみても、笑いだけじゃなくて、”情けない
涙”が一緒に込み上げてくる、やっぱり涙と笑いの思い出だなぁ~
と、妙に懐かしくなった私です。


~おさらい~
「wedges」とは、くさび型(くし型)に切ったポテトのことです。
「poteto wedges」を略して「wedges」と言うと、くさび型に切っ
たポテトを意味することは、常識のようです。
今では、英子にとっても「wedges=くさび型に切ったポテト」は常
識です。
日本で「ウェッジ」というカタカナ語が定着しているのかどうかを
調べてみたところ、一部、「ウェッジ」は皮付きポテトのことだと
勘違いしている人たちがいるらしきことを見つけました。
「wedges」に皮付きのものが多いのも確かですが、「wedges」には
「skin-on」のものも「skin-off」のものもあります。



今回の技は:
「勘違い、単語を覚える第一歩。みんなに話して、みんなで単語を
覚えましょう!」





第31回目の「下手な英語もこうすりゃ使える」はいかがでしたか?
次回は、「英子のあ~勘違いパート2」をお送りします。

年末に向けて、ちょっと息抜き気分で、英子が今までに体験した
数々の勘違いエピソードの中からご紹介しているシリーズの第二
弾。

パート2は、「英語で一番多い名前は?」という、名前に関するエ
ピソードです。

オークランドのあるオフィスで働いていた時、あまりにも多くの同
じ名前に出合ってびっくり。
しばらくして、その理由(勘違い)に気づいたのですが、今でも油
断をすると、思わず、勘違いしてしまうことが…。

さ~て、英子の勘違いとは、何だったのでしょう?
次号をお楽しみに。



次号送信は、11月25日を目標にしています。




第31号を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

もしかして、日本語での「ウェッジ」も、誰もが知っている当たり
前の単語だったのでしょうか?
知らなかったのは私だけ???

とにかく、10年前の私は、「ウェッジ」がチップス(フライドポテ
ト)の種類(ポテトの形)を示すとは、思ってもみなかったんで
す。
今でも、フィッシュ&チップスを買う度に、思い出すエピソードで
す。

ポテトは嫌いじゃないですが、特別に好きというわけでもないです
し。
ポテトポテトの夕食は、さすがに辛かったです。。。

皆さんも、英語にまつわるエピソードをお持ちですか?
エピソード絡みで覚えると、その単語やフレーズって、忘れないも
のなんですよね。

「他の読者の皆さんとシェアしてもいいよ~」というエピソードが
あれば、英子まで知らせていただけると嬉しいです。
みんなに話して、みんなで英語を覚えてみませんか?




英子宛にメッセージを下さる場合は、英子からの返事は「日本語」
又は「英語」、どちらを希望されるかを、明記して下さいね。

このメールマガジンや「下手な英語もこうすりゃ使える」のサイト
に関するお問合せは、 
eigo@nademoya.biz までお願いします。
それでは、次号をお楽しみに…。


==============================
このメールマガジンの配信には:
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
及び、
『melma』 http://www.melma.com/ を利用しています
「期待していた内容と違う!」とか、「もう飽きた」という方は、
下記サイト内にていつでも解除出来ます。
発行元サイト内: 
http://eigo.nademoya.biz/ezine.php
※重要…気が変わった時には、いつでも再登録出来ます。
==============================

**************************************************
下手な英語もこうすりゃ使える!
2004年11月11日 -第31号- (隔週発行)

担当者: 下手名英子(へたなえいこ)
発行元: なぁでも屋オンライン出版部
発行元住所: PO Box 13601,
Christchurch, New Zealand
発行元サイト: http://eigo.nademoya.biz/
発行元へのお問合せ: eigo@nademoya.biz
**************************************************
☆このメールマガジンの内容の引用・口コミ宣伝は、大歓迎です。