日本に居ながら、PCやタブレットやスマホから、今すぐ無料で受講出来る世界の大学オンライン講座

日本の大学やニュージーランドのポリテクニック等で勉強及び資格取得をしたことがあり、留学生のサポートの仕事をしていた頃には、ニュージーランドのたくさんの小中高校を訪問したこともある英子ですが、最近のオンライン教育は、自分に合った学習方法で学ぶことが出来るという点で、かなり優れていると思います。ここ数年、インターネット上で誰もが無料で受講できる大規模で(Massive)開かれた(Open)オンライン(Online)講座、MOOC(ムーク/Massive Open Online Course)を利用して、新しい知識や資格を得ることが増えた英子です。

複数の大学や教育機関のMOOCをまとめて提供しているプラットフォームはたくさんありますが、英子が一番多く使っているのが、マサチューセッツ工科大学とハーバード大学によって2012年に創立されたedX(エデックス)。コンピューターサイエンスやプログラミング、心理学やワイン、ビジネス英語やジャーナリズム、データサイエンスにAIチャットボット等など、いろんなコースを無料又は有料にて受講しました。英語「を」学ぶのではなく、英語「で」何かを学ぶこと、英語「で」新しい知識を得ることの楽しさや、日本語だけの世界を超えた可能性の広がりを、みなさんにも知っていただきたくて、英子が使い慣れているedXで提供されている講義を下手英でご紹介することにしました。

やる気とインターネットに接続出来る環境があれば、誰でも受講出来ます。友人知人にいくつかのコースを紹介してみたものの、みんな、「げっ、全部英語っ」と、始める前に脳に拒絶反応が、、、。でも、自分の好きな時間に、好きな環境で、自分のペースで進めることが出来るオンライン講座。英語学習で成果が出なくて悩んでいる人こそ、アメリカのハーバード大学やイギリスのオックスフォード大学、日本の東京大学や京都大学の講義を、勇気を出して英語で受けてみませんか?

興味のある分野の「キーワード」や学んでみたい「大学・教育機関」選択リストへ戻る。

Shaping Work of the Future

教育機関名: Massachusetts Institute of Technology (マサチューセッツ工科大学)

修了証付き受講料: USD49.00

コース解説:英子の日本語による解説を、現在執筆中です。ご紹介したいコースがたくさんあり過ぎて、どのコースから書けばいいのか決められなくて困っています。リクエストが多いコースから、解説を追加していきたいと思いますので、このコースに興味があるという方、「早く解説を書いて~」と、英子までご連絡下さいませ。連絡は、あまりに多いスパムメールに涙している為、、、ツイッター@hetaei(スパムではないフォーロー、お待ちしています。。。願)経由、下手英ブログ英五感ブログへのコメントでお待ちしております。

※コースに申し込む手順の説明。

コース概要: Are you concerned about the impact of new technologies will have on the workforce? Are you interested in what you can do to build a better work for yourself and the next generation? If we take the right actions, we can shape the future of work in ways that meet the needs of workers, families, and their economies and societies. To do so, we first have to understand how work is changing, how firms can prosper and support good jobs and careers, and how to update the policies, institutions, and practices governing the world of work. The goal of this course is to understand the relationship between new technologies, work and society and develop plans of action for improving the job and career opportunities for today and tomorrow's workforce. We'll start by looking at the challenges we face today and in the near future in regards to globalization and technology change, as well as the unique opportunities that they present. Then we will take a deep dive into the history of work and employment to understand how the it affects us today, as well as to look at solutions that worked well in response to similar problems. We'll look at the impact advances in technology are having across industries, and the ways in which these technologies are transforming the nature of human work and skills needed. We will explore ways in which we as a society can and should shape and catalyze these new technologies to complement and augment human work, rather than replace it. We'll also take you on a personal journey, where you will learn what employers expect in today's world of work--the skills, flexibility, and knowledge that are crucial for success in the contemporary workplace. We'll examine what has to happen in order for employers, workers, governments, and educators to come together to forge new policies, rules, and understandings for governing the world of work in the 21st century, and together as a class forge a new social contract of work as well as a personal action plan to implement it. Many colleagues and groups around the world share our deep concern for these issues and are studying how to address them in their specific settings. We invite each of you to join us and to share your insights and ideas about how we can make work, work better for all in the years ahead. In this spirit we will draw on our own expert group here--ourMIT Task Force on Work of the Future. Together we can make a difference for the next generation workforce, our economies, and our societies.


※下記、コースに申し込む手順を簡単に。(「もっと詳しい説明があった方がいいんじゃない?」と思われる方は、英子までお知らせ下さいませ。)

1. [詳細&申し込み]をクリックして表示されるリンク先ページで、「Enroll Now」(又は「Enroll」)をクリックします。Eメールによるお知らせ等を受信したい(受信しても構わない)という場合には、□I would like to receive email from [受講コースを開講している大学・教育機関]にチェックを入れます。

2. 既に登録済みのソーシャルメディアのアカウント(フェイスブック、グーグル又は、マイクロソフト)を使ってedXを利用する場合には、[Facebook]、[Google]又は、[Microsoft]をクリックします。Eメールアドレスを使って、edX用のユーザーアカウントを作成する場合には、or create a new one hereの下の登録フォームに必要事項を入力(英数文字で)し、[Create Account]をクリックします。※Terms of Service(利用規約)やHonor Code(カンニングや盗用など、不正なことはせず、ルールを守って受講するという約束事)を確認したり、必要に応じて、教育リサーチに協力する場合は、□にチェックを入れたりして下さい。

3. 通常、受講は、修了証付きで、全教材やフォーラム(他の受講者や、講師又はコースサポート担当者等と、質問や意見交換等が出来る)に制限なしでアクセス出来、評価採点も行われる有料受講(Verified Certificate(検証済み修了証)付き)と、修了書無しで、教材やフォーラムに制限付き(例:アクセス期間制限等)でアクセス出来る無料受講(Audit(査定)のみ)から選択出来ます。まれに、有料受講のみ受け付けている場合もあります。どんな内容か分からなくて、自分に合っているかどうか分からない場合は、無料受講で申し込んだ後、コース内容や教材を確認し、変更を受け付けている期間内(通常、数週間)に、有料受講に変更することが出来ます。

張り切って申し込んでみたのは良いけれど、いまひとつ使い方が分からないとか、ナビゲーションメニューの意味が分からないとか、勉強方法へのアドバイスが欲しいという方は、英子までお気軽にご連絡下さいませ。

下手英ブログへ

つぶやき開始!

☆「このページ、便利かも?」と思ったら、シェアして下さいませ~。(願)

「本屋さんの輪」で英語に関する本を探してみる